スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
             -----
↓ランキングに参加中。ポチッとすると元気になります☆
にほんブログ村 イラストブログへ

タイターニア

thitania.jpg




シェークスピア『真夏の夜の夢』より



------------

実は私の父もブログをしているのですが、
そこでシェークスピアの話が出ていたので、
同じシェークスピア作の『真夏の夜の夢』を思い出して、
登場している妖精のタイターニアを描いてみました。


・・・描きながら、藤娘を思い出してしまったので、
どこか日本的な雰囲気になってしまいましたけど(^^;)”


『真夏の夜の夢』とは
いざこざをおこしている2組の若い男女と、
公爵とアマゾン国の王女との結婚式をお祝いしようとする職人達、
そして、森に住む妖精たちがおりなす喜劇です。


子供の頃、両親が買ってきてくれたレーザーディスクの1つに
チェコの人形劇『真夏の夜の夢』がありました。

登場人物たちにはセリフらしいものはなく、
詩的で、どこか音楽の様なナレーションで物語は進んでいきます。

子供の頃に見た時は字幕も読み取れず、
映像だけでストーリを推測しながら観ていました。
ほとんど内容を理解できてはいなかったと思いますが、
不思議とその『真夏の夜の夢』が大好きでした。

人形が自然に動いていることの不思議さ、
美しい映像に、美しい音楽・・・
字幕が読めるようになってからは
その言葉の美しさもわかり、より一層好きになりました。

魅了された・・・そういう表現がぴったりくるほどです。

今も映像ものの中で一番好きな作品で、
2回立て続けに観ても、ちっとも苦にはなりません。
以前、1日3回連続で観て、
『真夏の夜の夢』三昧をしたこともあるほどです(笑)。




シネママガジンで紹介されていたので、
リンクを貼っておきます↓

◇『シネママガジン 名作一本』・・・No.82『真夏の夜の夢』
http://cinema-magazine.com/new_meisaku/manatsu.htm


             -----
↓ランキングに参加中。ポチッとすると元気になります☆
にほんブログ村 イラストブログへ

テーマ : イラスト - ジャンル : 趣味・実用

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。